久々に平塚競輪場へ行ってきたぞ

前に書いた平塚競輪場のブログ
手違いがあって削除しちゃったんですよ
まぁ、内容もいつもの通り酷かったのですけど、
丁度行く予定があったので、酷いブログをまた書いておきます。

無観客とかあったり先月はタイミングが合わなかったりしたので
中々いけませんでしたが、スケジュールの調整が付いたので行ってきました。

もう来るのは5度目ですので素直に無料バスに乗りました。
バス内でお爺ちゃん同士が喧嘩し始めると言う面白い珍事に遭遇。
「外に出ろ!コノヤロー」「ちきしょう、やってやんぞ!」とか
威勢の良いやり取りをしてましたが、
残念ながら特になに事も無く収まりました。

2001.png
平塚駅から無料のバスで来ると画像では切れてる右のとこに到着します。
帰りも左に停まっている無料バスで平塚駅まで乗っていけます。

本厚木駅からも往復のバスが出ているそうですが、
詳しくは平塚競輪場のHPでご確認ください。

2002.png
特別観覧席券などはゲート左のところで購入します。
入場には100円玉1枚が必要です。
特別観覧席を購入している人も100円が必要です。

2003.png

2004.png
これがチャリロトプラザです。
室内は空調が効いており大画面テレビに個別の席が用意されています。
無料で利用できますが、拙者が到着した時には全席埋まってました。

2006.png
ここの左手が飲食店になってまして
場内グルメ
色んなお店が入ってます。

今回は何か食べようと思って、
とある店舗でハッシュドポテトを注文しましたが、
せんべい並みに堅くてビビりました。
何回か揚げなおした感は否めませんでしたが、
きっとこういうたべものなのでしょう。

2005.png
一番低い観客席からバンクを見るとこんな感じ。

2008.png
感染対策もされていて5人掛けの椅子も1人しか座れないようになってます。

子供たちも遊べる遊具もありますし
2022.png
子供と一緒に使えるなぎさラウンジもあります。

場内には無料で飲めるドリンクの他に多数の自販機が設置されています。

2009.png
ちゃんと自販機コーナーもありまして

2010.png
ゲーセンでよく見かけるアイスも売ってます。

2011.png
飲み物は少し良心的な価格になってます。

これらの販売機の他に、パンの販売機もありました。

2013.png
これはメインスタンドの施設案内ですが
1F、2Fにあるドリンクコーナーが無料です。

3Fにもネットカフェによくある無料販売機がありますが、
特別観覧席の利用者しか使えません。
でも特別観覧席は1000円とお高いのです。
1000円もあれば、一勝負できますからね!

2021.png
↑が特別観覧席です。(平塚競輪場のHPで見れます。)
ただ、東京競馬場のA席とかB席より座り心地が良く、
今は2席を1人で使えるので快適だと思います。

2014.png
拙者はこちらの部屋です。

2015.png
コロナ対策で定員が12席になってます。

2016.png
このジュースやコーヒーは飲み放題です。
アルコールも出してくれるのですが、
コロナ対策で希望者に持ち帰り用の缶ビール2本がもらえます。

2017.png
もちろん手荷物預かり所もついてます。
基本、ここにはアテンダントさんが常駐してます。
預かり所の左隣が4Fのトイレへ向かう通路なのですが、
初めて来た人には分かりにくいと思います。

2018.png
今日貰ったおやつはこんな感じ。

2007.png
早く着きすぎたので、練習生?がバンクで練習してました。

競馬に行く感覚で来てしまい、
レースは15時22分発走だったのに11時過ぎに到着しちゃったんすよ
それで15時くらいまで他場の競輪やってました。
他場は平塚が始まるまでは大きなテレビ画面に映し出されていて
平塚が始まっても小さな画面には映し出されるので
レースは見れる状態になってます。

ところがですね、
年寄りの団体が来てしまい、ちょっとウルサイので
外へ出て人の居ない場所で予想し車券を購入して
レースが始まる頃に席に戻ると言うのを繰り返してました。

あと、お弁当もついてまして
時間を指定すると希望したお弁当をアテンダントさんが持ってきてくれます。
2種類からどのお弁当にするか選べるのですが、
1つは中華系で苦手なので
2019.png
なんちゃらシウマイ弁当を注文したら、
シウマイは2個しか入って無く、むしろ餃子のほうが数が多かったです。
拙者は超偏食ですので、餃子はもちろん全体的に食べられません。
まぁ、しょうがないです。

レースのほうはですね
最近、ミッドナイト競輪ばかりやってましたので
少し頭が馬鹿になり
1番車が強く見える幻覚が見え若干マイナスに。
2020.png
もう少し右がゴール地点ですが、これはゴール直前の場面です。
競輪ファンの皆さんは一応距離を取って観戦していました。

帰る時にアテンダントさん達がお見送りをしてくれるのですが、
今日が初出勤らしい新人さんのアテンダントさんが居たので
仕事を教えていたりしていたからか
1人目が帰った後に、お見送りをするのを忘れたと話していて
2人目の時は全く気付かなかったと反省していたようなので、
それなら拙者も気付かれずドロン(死語)する事にしました。

最終レース前に撤退しようとした矢先、
5メートルほど先の正面にアテンダントさん2人がやってきました。

これでは気付かれると思ってたら、
窓の外のバンク内のイルミネーションを
「わーきれい」とか言ってじっくり外を見だしたので、
拙者は気配を消してゆっくり素早く剣術の動作のように動き
気付かれずに撤退成功

最終までやったら競馬と違って
最後のレースがメインレースなので帰りが混みますからね
車券はスマホでも買えるし早く帰っても問題無いんすよ


余談ですが
ネットで車券を購入すると清算せずに当選金をプールできるんですよね
これ、非常にデカいメリットです。
JRAもこの方式を取り入れてもらいたい。

ツイッター: とうらん @sakaigawatwitch



気が向きましたらフォローよろしくです。





スポンサーサイト



ガールズ競輪賞金女王の児玉碧衣選手が面白すぎる件

去年、平塚競輪場へ行ってきたぞ
と言うブログを書いたのですが、実はブラリ寄ったわけではなく
友達がやってる企業が今年から平塚競輪に関わると言う事で
ギャンブラーとして競輪場の感想とか聞かせてくれと言われてたんで行ったんです。
もちろん、ギャラも交通宿泊費も無しでな
まぁ、いつも無茶なお願いしてるんで、たまには聞いてあげようと笑
結果的にブログのネタとして使えたんでよいでしょう。

旅先で徒歩範囲に競輪場があっても行かないレベルで
競輪に全く興味が無かったのですが、
この事がきっかけで結果的に今は平塚以外の競輪場でも車券買ってます。
車券は買いますが、やはりそれほど競輪に興味は無いので
選手なんて覚えようともしてませんでした。

競輪はニコ生て競輪の放送をながら見しながら車券買ってますが、
ある時、平尾昌也さん(だったと思う)が「男の時計を持ってる選手」と
児玉碧衣選手の名前を挙げまして、
なんぞそれ!と2番目に覚えた選手の名前が児玉選手なんです。
※ちなみに1番最初に覚えた選手は郡司浩平選手

成績見れば一目瞭然
1649.png
直近の20戦しか見れませんが、
競馬で例えるなら、アーモンドアイやデアリングタクトより強いです。
勝率87.5%、連対率100%
2連対率100%と言うのは必ず車券に絡むと言う驚異の選手です。

それでTwitterをフォローしてたらですね、
112.png
こんなつぶやきがありましたのでLIVE配信を見に行きました。

↓ここから児玉選手のYouTubeへ行けます。
ガールズ競輪選手がDBDしたよ
参加者
児玉碧衣選手 
ダンプ選手 
浦部郁里選手 
鈴木美教選手 
※ケイリンJPの選手紹介のページに行けます。

LIVE配信では児玉選手がコメントを返すのはもちろん
ボケに対してツッコミでちゃんと返してくれますし、
モノマネを振ったらやってくれます。
浦部選手は何故かちょっぴりエロいです。

何が面白いのかは、YouTubeを見ないと分かりません。
興味がある方は【ガールズ競輪選手がDBDしたよ】を見てください。
特に競輪をやっている方は競輪の話も少し聞けるので必見!
LIVE配信を逃さないためにチャンネル登録をする事をオススメします。


あと、ニコ生の放送で面白い競輪の配信は佐世保競輪です。

ポンコツのヒラマサ(平尾昌也さん)の予想が
ガミるかガミらないかを見て楽しむ放送です。

あと、チャリチャンの平塚競輪です。

平塚競輪だから贔屓しているのではなく、
レギュラー出演者だった椎名香奈江さんが面白すぎるんです。
なぜ「だった」かと言うと、来期の椎名さんの出演は残念ながら未定ですので、
椎名香奈江さんの続投を心から願ってます。

余談ですが、
拙者の児玉選手の車券回収率は約193%です。

ツイッター: とうらん @sakaigawatwitch



気が向きましたらフォローよろしくです。

プロフィール

tourancom

Author:tourancom
イリュージョンのゲームをメインに、
レトロゲームから、最新PS4のゲームや
競馬や散歩の事を雑に書いていきます。
時々、ニコ生でゲーム実況配信や競馬配信やってます。
ニコ生コミュニティ https://com.nicovideo.jp/community/co3720571

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR